エンパワー歯科

MENU

診療案内

虫歯治療

おいしく食事をするためには、健康な歯が欠かせません。そのためには、お口の中を良い状態に保つことが大切です。虫歯を早期発見・早期治療をするため、少しでも気になることがありましたら早めに受診してください。

もっと見る

当院では、可能な限り歯を残し、なるべく抜かない方針を採っています。しかし、虫歯が進行していれば、やはりたくさん歯を削ったり神経を抜いたりしなくてはならなくなりがちです。できるだけ歯を残すため、早めの治療をおすすめします。

また、既に虫歯になってしまった箇所を治療することも大切ですが、そもそも虫歯を作らないに越したことはありません。歯磨きなどのセルフケアをするとともに、定期検診においでになり予防についての知識も取り入れていっていただければと思います。

歯周病治療

歯周病とは、細菌が歯の根に付着し、歯を支えている歯茎や骨を壊してしまう病気です。初めのうちは自覚症状が少なく気付かないかもしれません。しかし、悪化すると歯が抜けてしまう上、1本の歯だけでなく複数の歯が同時にかかることがほとんどです。ぜひ、早期に治療しましょう。

もっと見る

歯磨きをしただけなのに歯茎から血が出たりすることがあれば、それは歯周病のサインです。進行すると歯がぐらつき、歯の根が出て歯が長くなったように見えます。そのうちに口臭が強くなり、膿も出るようになります。

もし、歯周病に気付くのが遅くなると、抜歯しか方法がないということになりかねません。しかし、早期に発見できれば、細菌を含む歯石を繰り返し取り除くことで、病気の進行を食い止めることができます。当院では、歯科医師や歯科衛生士が機械を使って歯石を取り除くスケーリングを実施しています。

歯周病が進行していて歯と歯茎の間にできる歯周ポケットが深い場合は、麻酔をしてポケットの奥まで丁寧にスケーリングをします。当院では、歯茎の一部を切り取る手術などはしない方針です。地道な治療を一緒に頑張っていきましょう。

予防歯科

せっかく虫歯や歯周病を治療しても、再発して治療、というサイクルに陥ってしまったことはないでしょうか。定期的な検診や予防を実施していれば、そのサイクルを食い止めることができます。当院でご自分のお口にどんなリスクがあるかを知り、それぞれに合った予防を始めましょう。

もっと見る

患者さまによって、虫歯になりやすかったり歯周病になりやすかったりと、お口のリスクは異なります。メンテナンスとは、歯科医師が定期的にお口のケアを行い、リスクを把握して管理し、予防することです。これにより、治療後に病気が再発するのを防ぐことができます。

また、予防には歯科医院で実施するお口のクリーニングも役立ちます。機械を使って歯の表面をツルツルに磨くことで、虫歯や歯周病の原因となる汚れを落とし、再び汚れが付きにくい状態にすることができます。茶渋などの着色汚れも取れてすっきりするというのも魅力です。

まずは3か月ごとにメンテナンスにお越しください。リスクが少ない方は少しずつ間隔を長く空けるようにし、患者さまのご負担が少なくなるように進めていきます。

小児歯科

幼いうちから歯の大切さについて知る機会があれば、将来も健康的なお口で過ごせるでしょう。ぜひ、お子さまを当院にお連れください。明石市には、中学3年生までは保険診療の費用負担がない「こども医療費助成制度」があります。2歳児歯科健康診査、3歳児健康診査も無料です。

もっと見る

お子さまの診療では、歯科医療に対して悪い印象を与えないよう、成長段階に合わせた応対を心がけています。例えば、特に幼いお子さまには「ごーしごーし、ごーしごーし」「歯磨き上手かな」と歌うように語りかけながら、歯磨きをしてあげるところから始めます。少し大きいお子さまの場合は治療について説明すると、分かってくれてすぐに治療を始められることが多いです。

また、予防のために歯磨きの指導や定期検診、フッ素塗布にも力を入れています。お子さまのうちは、ご自宅でも仕上げ磨きをしてあげてください。検診やフッ素塗布は、4か月ごとがおすすめです。検診の中で歯並びを矯正したほうがいいと判断した場合は、対応できる歯科医院へのご紹介も行っています。

親知らずの抜歯

親知らずは必ずしも抜くべきというわけではありませんが、抜いたほうがいいケースはあります。腫れや痛みを何度も繰り返している方や、今後妊娠をお考えの方です。迷っているようでしたら検査結果を踏まえて歯科医師としてのアドバイスをいたしますので、まずはご相談ください。

もっと見る

体調がすぐれないときだけ親知らずが痛むのでしたら、お薬で抑えることが可能です。しかし、腫れや痛みを繰り返している場合は、だんだん苦痛が大きくなりがちですので抜歯をおすすめします。妊娠中に親知らずが腫れるとは限りませんが、もし腫れた場合にはお薬の服用や抜歯をより慎重にしなければなりません。妊娠前に抜歯を済ませておけば、その心配をしなくて済みます。

親知らずの抜歯は、可能な限り当院で対応します。しかし、水平埋伏という横倒しになって歯茎に埋まっている親知らずの場合は、神経に近いことが予想されるため、兵庫県立がんセンターへのご紹介とさせていただきます。

入れ歯・義歯

当院では、患者さまのお口にフィットする入れ歯作りを心がけています。何度も調整に来ていただかなくてもお口に合うものができるよう、型取りを丁寧にするのがポイントです。他院でお作りになった入れ歯の調整もいたしますので、どうぞご持参ください。

もっと見る

ぴったりと合う入れ歯を作るためには、細やかな型取りができる寒天を使って型取りをします。少々お待ちいただくことになりますが、寒天が固まってから30秒置いてから外すのが、歪みのない型取りをするためのこだわりです。

型取りをした後はすぐに石膏を流し込み、お口の模型を作るようにしています。そうすることで、寒天がゆるむのを避けてきちんとした模型を作ることができ、入れ歯ができたときに調整が少ないものにすることが可能です。

入れ歯は、歯科技工所「和田精密歯研」と連携して作製します。当院では、保険診療の入れ歯のほか、患者さまのご希望に合わせて金属床の一種、チタン床のものを提供可能です。金属床は、食べ物の温かさや冷たさを感じやすく丈夫な点がおすすめです。

美容診療

虫歯などで歯を削った箇所を補うのに、当院では保険適用となる素材のほかに、ジルコニアを使った詰め物・被せ物を使用しています。ジルコニアは人工ダイヤモンドとしても知られる白い素材で、セラミックよりも丈夫なのが特徴です。

もっと見る

とても硬い素材なので奥歯に使用しても割れるリスクが少なく、何本かの歯の分を連結してブリッジを作ることもできます。色味についてはスタンダードなジルコニア素材そのままの色のもののほか、患者さま個人の歯に色に似せて着色するタイプなどいくつかのタイプがあるので、ご希望をお聞かせください。

詰め物・被せ物作りにあたっては、患部にフィットするようあらかじめ歯周病の状態を改善し、丁寧な型取りを経て進めていきます。